カラオケ大会2019


赤羽その子

赤羽その子 Sonority音楽教室代表

高崎女子高校卒業

国立音楽大学音楽学部声楽科卒業

二期会オペラスタジオ修了

父は楽器店経営、母は合唱指揮者という
音楽一家に生まれ、常に楽器や音楽、
ピアニスト等の音楽家に囲まれて育つ。

3歳で母よりピアノを習いはじめ
絶対音感を身に着けた。

小1より『ここに泉あり』のモデル
ピアニスト風岡裕子氏に師事

ピアニストを夢見て研鑽に励んでいたが、
小5で高崎市少年少女合唱団に
第1期生として入団

13歳で二期会公演「夕鶴」子役
ソロオーディションに合格し、
オペラデビューしたのを機に、
声楽の面白さに目覚め、
同オペラでよひょう役を演じた
鈴木寛一氏に師事。

小・中・高校と部活動は、
一貫して合唱部という筋金入りの
合唱大好き人間。

某音楽高校ピアノ科の特待生に合格するも、
合唱の強豪である高崎女子高校に進学を決め、
全国高等学校総合文化祭〔熊本県・熊本県立劇場〕
NHK合唱コンクール関東大会〔東京都・NHKホール〕(NHKにてテレビ放映)
朝日コンクール〔東京都・青山学院ホール〕
などにピアニスト・ソプラノとして参加。

また高校在学中から高崎第九合唱団に所属し
1989年・第一回海外公演(当時西ドイツ・ハイデルベルグ公演)で渡独。

大学時代は、
声楽(フランス歌曲・イタリアオペラ)を
阿部富美子氏に師事
ピアノを岡山京子氏に師事。
声楽科に所属しているのに関わらず
ピアノの試験で首席を取得し、
ピアノ科教授にピアノ科に転科するように
説得されたという逸話を持つ。

1994年 イタリアにてオペラ研修

1996年大学卒業旅行として
イタリア、フランス、イギリス、ギリシャ、エジプトで
オペラやミュージカル研修

大学卒業後、二期会オペラスタジオに所属し
イタリアオペラを中心に活躍。

二期会オペラスタジオ修了後は
パーセル・ダウランド・ヘンデル・バッハなど
古楽に傾倒し波多野睦美氏に師事

日本各地の演奏会やオペラに出演。

1998年・高崎第九合唱団
第3回海外公演(ドイツ・ニュルンベルグ公演)に
ピアニストとして参加。

2000年 渡米しワシントンD.C.やボストンで演奏
ニューヨークでミュージカルやジャズ研修

2002年 高崎第九合唱団 第4回海外公演
文化庁派遣ポーランド公演に
ピアニスト、ソリストとして参加
ショパン生家・ショパン博物館・
在ポーランド大使館
「日本文化週間事業」などでショパン歌曲を
聖アン教会ではミサ曲を独唱した。

2003年 オーストラリアで音楽研修

現在は、声楽・鍵盤楽器での
ソロ活動はもちろん、
クラシックでは珍しい弾き語りもこなし、
スピネット・キーボード・ピアノなどを
使用した弾き語りも好評を博している。

またクラシックだけにとどまらず、
中学時代にバンドを組んだのを皮切りに
1993年からはロックバンド/CHAOS
(Key&Arranger )
2000年からはジャズバンド/STEEL BLUE
(Piano&Bandmaster)
2014年からは教会オルガニスト
(パイプオルガンを山田早苗氏に師事)
2015年からは原澤ドラム教室
Drummer’s Festivalのキーボーディスト
2016年からはクリエイティブロックバンドMAHATMAの
サポートキーボードやピアノ、ゲストボーカル
など、様々なジャンルで演奏している

【徳筆】

Sonority音楽教室代表 
コールエポック指揮指導・ピアニスト
カトリック高崎教会オルガニスト
文化箏指導者認定講師資格取得
高崎市音楽連盟常任理事
群馬音楽協会会員

中学校教諭一種免許状(音楽)取得
高等学校教諭一種免許状(音楽)取得

オフィシャルサイト~Sonority音楽教室~ 高崎
https://www4.hp-ez.com/hp/steinwaypiano